さあ、きみの番だ〜Now it's your turn〜

大阪在住の弁理士・中野賢太のブログです。知財ネタ・読書・考察など

知財

"AI vs 弁理士"イベント AIは弁理士に追いついた?(031)

直近の更新から3ヶ月。少し間が空きました。 今回は、気になる記事の紹介です。 robotstart.info 商標はある程度定型化できるますし、 人間が処理する場合も、大量処理も可能です。 AIや機械化と相性がいいんでしょう。 商標調査や図形の類否など、検索も類…

研修でスキルアップを目指そう(028)

今年は実務系研修(有料のもの)を受けようと思います。 付記試験が片付いたので、今年は動きやすいです。 (付記試験は大変でした。長くかかりました) 訴訟関係の講座か、知財戦略に関する講座が候補です。 申込は済ませましたが、受講前の審査があるようで…

関西会スタート、H31国際情報委員会もスタート(027)

日本弁理士会「関西会」が4月からスタートしました。 「近畿支部」時代の資産も受け継ぎ、さらなる発展を…というムードで 内部的には盛り上がっています。 「支部」だと「日本弁理士会」の下部組織という印象になるので 他団体との活動で余計な説明が必要に…

特許・商標の勉強になるサイト3つ(021)

知的財産分野のいいところは、有益な情報が無料で出回っているところ。 官庁も業界団体も「分かりにくい知財を分かりやすく」伝えるべく 頑張ってます。いくつか紹介するので、ぜひチェックしてください。 www.jpo.go.jp 特許庁の広報誌です。 紙ベース(チ…

特許も商標も内容が公開されます(020)

特許権は、発明の概念を日本語で書いたもの。目に見えません。 いつ特許権侵害で訴えられるのか、予測できないと困ります。 そのため、権利内容の公開(公示に近い?)制度が設けられてます。 出願内容の公開 特許・商標は、出願内容がすべて公開されます。 …

特許申請を自分でやってはいけないその理由(019)

特許出願は、自分でできる 書類は手書きでもいいし、紙原稿でもいけます。 印紙を貼って郵便で出願。少し前まで、これが主流でした。 (パソコンでインターネット出願するようになったのは、ごく最近です) 代理人を使わない場合、権利化がほぼ不可能になる…

知財のプロが絶対見てる情報源とかを一応紹介します(016)

新着情報一覧 | 経済産業省 特許庁 弁理士にとって、食事と睡眠の次に重要なのが特許庁の公式サイト。 業界入りしてすぐに「ここは毎日見ろ」と言われたので続けてますが やってる人はあんまりいないようです。 政府の審議会の議事録 産業構造審議会知的財産…