さあ、きみの番だ〜Now it's your turn〜

大阪在住の弁理士・中野賢太のブログです。知財ネタ・読書・考察など

特許も商標も内容が公開されます(020)

特許権は、発明の概念を日本語で書いたもの。目に見えません。

いつ特許権侵害で訴えられるのか、予測できないと困ります。

そのため、権利内容の公開(公示に近い?)制度が設けられてます。

 

出願内容の公開

特許・商標は、出願内容がすべて公開されます。

特許 出願日から起算して、18月(1年6月)経過後、2週間以内
商標 出願日から2〜3週間程度

 

登録内容の公開

審査の結果、登録査定が出れば、権利が発生します。

(年金納付→設定登録という手続きが必要です)

 

特許公報:設定登録から3〜4週間程度
登録実用新案公報:設定登録から3〜4週間程度
意匠公報:設定登録から3から4週間程度
商標公報:設定登録から3から4週間程度

 

登録内容は内容が公示されます。

特許権をいきなり行使できるのは、

「誰もが特許公報を見れるから、予め侵害にならないか判断できる」

という前提があるからです。

 

土地を買う前に登記簿を取り寄せるような感覚ですね。

 

(参考)

公報に関して:よくあるご質問 | 経済産業省 特許庁