さあ、きみの番だ〜Now it's your turn〜

大阪在住の弁理士・中野賢太のブログです。知財ネタ・読書・考察など

"AI vs 弁理士"イベント AIは弁理士に追いついた?(031)

直近の更新から3ヶ月。少し間が空きました。 

今回は、気になる記事の紹介です。

 

robotstart.info

 

商標はある程度定型化できるますし、

人間が処理する場合も、大量処理も可能です。

AIや機械化と相性がいいんでしょう。

商標調査や図形の類否など、検索も類否判断も流れ作業ですし。

 

一次処理=AI、最終チェック=弁理士というのは

数年後のスタンダードかな、と思います。

AIがあれば弁理士は不要 

簡単な部分から順次置き換わって、人間は高度な判断をする。

どの業界でも同じ流れです。規制業種といっても、あまり変わりません。

収益への影響

高度な仕事は、手がかかる割に儲けが少ない、

そういう仕事は定型の、割の良い仕事でカバーしているのも、

知財業界だけでなく、どの会社にも当てはまると思います。

 

係争・訴訟・不正競争防止法あたりで単独で黒字になる事務所は

どれくらいあるんでしょう。

人材育成への影響

簡単な仕事が減ると、アシスタントに任せる仕事がない、

必要な経験がこなせないという問題があります。

日本の国力が弱っていく時代、案件数もあまり伸びないでしょう。

新しく弁理士になる人がうまく育つかが心配です。

業界団体側からの反論

(日本弁理士会副会長のインタビュー)

「弁理士はAIに代替される確率92%」に弁理士会が反論!高度な対人スキルの奥深い職業

 

(機関誌「パテント」でのAIへの言及)

https://system.jpaa.or.jp/patents_files_old/201701/jpaapatent201701_098-104.pdf

 

定型業務だけでは生き残れない、

顧客と蜜にコミュニケーションを取って真のニーズを…。

 

よくある「このままじゃダメだ」論で、

同業者の飲み会で何十年も語られてる話。読む必要ないです。